無料ブログはココログ

トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

虎 交流戦限定ユニホーム発表

0227ne07 阪神27日、パ・リーグとの交流戦限定で着用する専用ユニホームを発表した。

 昨季はホームの試合でのみ、1979年から81年にかけての縦じまのホーム用ユニホームを着用したが、今季はこれをビジターの試合で使用。新たに79年から83年にかけて使用していた薄い青色のビジター用を導入し、ホームの試合で着用することになった。

2006年2月27日 (月)

閉会式で金メダルを手に入場する荒川静香選手

第20回冬季オリンピック・トリノ大会は26日、アイスホッケー男子決勝を最後に全競技が終了し、午後8時(日本時間27日午前4時)からトリノ市内のコムナーレ競技場で閉会式を行い、17日間の熱戦に幕を閉じた。

 イタリアで1956年コルティナダンペッツォ大会以来、半世紀ぶりの冬季五輪。史上最多の80カ国・地域から2573選手が参加した冬季スポーツの祭典は、テロや運営上の大きな混乱もなく、閉幕を迎えた。

 閉会式ではイタリアの伝統的な「謝肉祭」をテーマにしたアトラクションに続き、戦い終えた選手がリラックスした表情で入場した。日本はフィギュアスケート女子で優勝したKfullflash20060227001_l (プリンスホテル)が金メダルを手に持ち、男子選手に肩車されて登場し、外国の選手団からも大きな注目を集めていた。

 海外の冬季大会では最多の112選手を送った日本は、荒川の金メダル1個だけで目標の5個を大きく下回った。スピードスケートやスキーはメダルなしに終わり、世代交代を含めた再建策が求められる。

 五輪旗はトリノキアンバリーノ市長から次回2010年大会開催地、バンクーバー(カナダ)のサリバン市長に引き継がれ、大会中に聖火台で燃え続けた火が静かに消えた。

2006年2月26日 (日)

アルペン:皆川4位、湯浅7位 ニッポン大健闘 男子回転

トリノ冬季五輪第16日の25日、アルペンスキー男子回転が行われ、皆川賢太郎(アルビレックス新潟)が合計1分44秒18(1回目53秒44、2回目50秒74)で4位、湯浅直樹(北海道東海大)が1分44秒57(1回目54秒76、2回目49秒81)で7位と大健闘。日本アルペン勢では、猪谷千春・現国際オリンピック委員会副会長が同種目で銀メダルに輝いた56年コルティナダンペッツォ五輪以来50年ぶりの入賞を果たした。日本勢がアルペンの同一種目で複数入賞したのは史上初めて。

 メダル獲得を期待された佐々木明(ガーラ湯沢)は1回目、54秒37の8位につけたが、2回目は途中棄権。生田康宏(東京美装)は49位だった。大回転金メダルのベンヤミン・ライヒが合計1分43秒14で優勝するなど、オーストリア勢が表彰台を独占した。

トップページ | 2006年3月 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31