無料ブログはココログ

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

川元由香、待望のファーストDVD発売

060531

  熊本で歯科医の受付をしていた頃から話題で、その上品な顔立ちと繊細なボディ、やんちゃな熊本弁が大人気の川元由香さんのファーストDVD「YUKA100%」が竹書房より発売され、記念のイベントが書泉ブックマートで開催された。

 タイのパタヤで撮影された今回の作品の見どころについて川元さんは「本編と特典映像のギャップ」とコメント。本編ではセクシー系な映像が多く、特典映像では本編とは違った表情を見ることができる。

2006年5月27日 (土)

Hカップ日本代表は田代さやか!揺れる巨乳が強力な武器

新人アイドル、田代さやか(20)が26日、東京・六本木プリンスホテルで水着撮影会を行い、1メートル54、B93W58H88のダイナマイトバディーを真っ赤なビキニで披露した。

巨乳を揺らしてサッカーのシュートポーズを決めた田代は「小学5年生の時はCカップ。最近ウエストが細くなってHカップになりました」。映画「かにゴールキーパー」(監督・河崎実)のヒロイン役で本格女優デビュー。ホリプロのフットサルチーム「ザナドゥー ラブズNHC」のエースストライカーとしても活躍中だ。27日午後9時から東京・池袋シネマ・ロサで「かにゴールキーパー」の初日舞台あいさつを行う。73 71

2006年5月26日 (金)

川嶋あい 笑顔で始球式

歌手の川嶋あい(20)が、25日千葉マリンスタジアムで行われたロッテ-阪神戦で始球式を務めた。投球は赤星の背中を通過したが、見事、ノーバウンドで里崎のミットに収まり「ホームまで届いてうれしかったです。お客さんの歓声がすごくてビックリしました」と笑顔。試合前には守護神・小林雅のために作成したテーマソングのCDを手渡し、小林雅も始球式のボールに「ありがとう」とサインしていた。00038413

2006年5月25日 (木)

佐藤和紗、DVD「ひめごと。」を発売

060525 そのつぶらな瞳と清楚なイメージからは想像出来ないグラマラスなボディでグラビアで人気の佐藤和紗さんが最新DVD「ひめごと。」(メディアックス)を発売し、記念のイベントを石丸ソフト2で開催した。

 今回の作品について佐藤さんは「今まで大人っぽいのを出して来たんですけど、今回はやっぱり10代最後ということもあって、ちょっと子供らしいというか、10代らしい面も見せれたらなと思いがんばりました」とコメントした。

2006年5月24日 (水)

山本梓、「あず」シリーズの最新作発売

山本梓、「あず」シリーズの最新作発売

CM「カロリーメイト」(大塚製薬)や「アイ・キューピット」イメージガール、TVでは「月光音楽団」(TBS)、大河ドラマ『功名が辻』(NHK)に出演し日本全国の老若男女を虜にしている「あずあず」こと山本梓さんが最新DVD「あずイズム」(フォーサイド・ドット・コム)を発売、記念のイベントをヤマギワソフト館で開催した。060524

 当日は雨というあいにくの天気にもかかわらず多くのファンが詰め掛けた。

2006年5月23日 (火)

美優&菜々見 キュートでセクシー

Kfullnormal20060521164_m 美優&菜々見 キュートでセクシー

グラビアアイドルの上原美優(19)と松林菜々見(19)が21日、東京・秋葉原の電器店でDVD「みゅうみゅう」、「NaNaふしぎ」の発売記念イベントを行った。

 2人にとって初のソロDVDで、ともにグアムで撮影。「120点の出来。自分だけが映っている作品に感動しました」(上原)、「しゃべりがうまくないから95点くらいかな」(松林)と、仕上がりに自信をみせる。

 種子島出身の美少女、10人兄弟の末っ子で“究極の妹系”と称される上原は「部屋の中で男性のYシャツを着ている場面がオススメ」。オートサロン2006イメージガール「A―class」の一員として活躍する松林も「羽毛付きの白い水着のシーンは天使をイメージしました。気に入ってます」とPR。

2006年5月22日 (月)

優香:“はさみ男”に胸キュン

20060522org00m200001000p_size6 大ヒット映画「シザーハンズ」のダンスミュージカル日本公演(8月16~9月3日、東京・ゆうぽうと簡易保険ホール)の製作発表会見が21日、東京都港区の東京ジョイポリスで行われた。ゲストとして登場した優香(25)は“はさみ男”の手に「ちょっと怖いですね」。映画の大ファンで「大人になって見て、ラブストーリーだと気付いた。もし好きな人にはさみがあったら?ずっと愛し続けます。そして(はさみがあって触れられないから)私からいっぱい触れます」とも話した。

2006年5月21日 (日)

福原、シングルスで勝利…卓球 中国スーパーリーグ

卓球の世界最高峰、中国スーパーリーグが20日に開幕、参戦2年目の福原愛(グランプリ)が新加入した広東省チームは当地で四川省チームと対戦し、1―3で敗れ、初戦を飾れなかった。

 昨年の遼寧省チームから移籍した福原は世界ランキング16位でチームのエース格。2番手で臨んだシングルスは李茜を3―1で下したが、曹幸☆と組んだダブルスは2―3で競り負けた。

 同リーグはシングルス2試合、ダブルス1試合、シングルス2試合の順で3戦先取方式。今季の女子は10チームが2回戦総当たりで対戦し、8月19日まで行われる。

 福原愛「李茜は1セットも取ったことがない相手だったので、勝ててうれしい。ダブルスは大事な場面でミスしてしまったことが悔しい」20060520_758251

2006年5月19日 (金)

内野聖陽&一路真輝“エリザベート婚”

391280470 人気俳優の内野聖陽(37)と、元宝塚歌劇団トップスターの一路真輝(41)が結婚することが18日、分かった。2人は、7年前に共演したミュージカル「エリザベート」で知り合い、大人の愛をはぐくんできた。内野は来年のNHK大河ドラマ「風林火山」の主役も決まっており、公私とも順風満帆。近く正式に発表される。

 まさにスター同士のゴールインだ。人気実力を兼ね備えた内野は、来年のNHK大河の顔。一路は宝塚歌劇団の元トップスター、退団後も数々の舞台で主役をはってきた。舞台関係者によると「とても似合いのカップルで、同じ仕事を志す仲間のような関係。いつも芝居や演技のことなどを率直に話し合い、お互いが刺激し合っている」という。

 交際の始まりは、00年に共演した「エリザベート」。ヒロインを演じる一路と舞台のカギを握るトート役の内野は、初めての顔合わせとは思えないほどの息の合った演技を見せた。周囲が「どちらも根っからの芝居好き」と話すように、最初は俳優同士からのスタートだった。01年、04年と同ミュージカルの再演を繰り返すうちに急接近。一路のマンションをたびたび訪ねる内野の姿も目撃された。舞台の回数が増えるとともに、自然と心が引かれ合い人生のパートナーになったようだ。

 現在、内野は東京・青山劇場で「メタル・マクベス」に出演中。所属する文学座は、結婚について「本人が舞台に出てますのでそっとしておいてほしい。今の段階では否定も肯定もできません」と話している。一方の一路も日比谷の日生劇場で、内野との出会いとなったミュージカル「エリザベート」に全力投球中。

 4歳年上の姉さん女房。一路は周囲に「この舞台が終了後、約1年間、仕事を入れていない状態」と話しており、しばらくは休養も兼ね新生活に専念する予定。夏から大河ドラマという大きな仕事に突入する最愛の夫を陰から支えていくつもりだ。

 ◆内野 聖陽(うちの・まさあき)1968年(昭43)9月16日、神奈川県生まれ。早稲田大学政治経済学部に在学中に、文学座研究所に入所。97年に座員となる。「モンテ・クリスト伯」「レ・ミゼラブル」などの舞台で活躍。ドラマ「ふたりっ子」「不機嫌なジーン」などに出演。1メートル75、71キロ。血液型AB。

 ◆一路 真輝(いちろ・まき)1965年(昭40)1月9日、愛知県生まれ。80年、宝塚音楽学校入学。82年に宝塚歌劇団に入団、男役として雪組に所属。93年、雪組トップスターになり「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラなどを演じた。退団後も舞台、テレビで幅広く活躍。1メートル64、血液型B。

2006年5月17日 (水)

ベッキー 今は仕事が恋人

00032421 タレント・ベッキー(22)が16日、都内で行われた映画「ジャケット」(20日公開)の試写会に登場、映画にちなみ行われた「ジャケットデザインコンテスト」の審査員を務めた。

 自身のファッションコンセプトを「派手」というベッキーは、「映画を見て人生や運命を考えた。ハッピーでずっと今の仕事をして素敵な結婚もできたら」と笑顔だったが、「今彼氏は?」の問いに「いません」とキッパリ。「今は仕事が恋人。結婚してからだんなさんといっぱい恋愛するから今はいいんです」。

2006年5月16日 (火)

井川遥 宝くじ当たれ~

20060516_692371 タレントの井川遥(29)が、宝くじのCMキャラクターを務めることになり15日、東京・銀座の西銀座デパートチャンスセンターで行われた「ドリームジャンボ宝くじ」発売開始イベントに出席した。

 自身でも、連番30枚、バラ20枚を購入し、「もし、3億円(1等と前後賞合計)が当たったら、お金も時間も気にしない海外旅行にいきたい。免許を取得したので車もいいですね」。CMでは宝くじ販売員役で出演している。

2006年5月15日 (月)

吉野紗香 くびれにくびったけ

20060515org00m200002000p_size6 タレントの吉野紗香(24)が14日、都内でDVD「FAKE」の発売記念イベントを開いた。この日は24回目の誕生日で、飼い犬をかたどった特製のバースデーケーキが登場。ろうそくを吹き消すと「ファンの人と祝うのは初めて。大人になったかなと思う」と笑顔を見せた。“元祖チャイドル”も81・56・81のセクシーボディーに成長。残念ながら今作がラストDVDとなるが、「“くびれ”に(ファンが)“くび”ったけ!」とダジャレを披露するなどご機嫌だった。

2006年5月12日 (金)

モデル村主章枝 ふわふわヘアー披露

Kfullnormal20060512019_m フィギュアスケートの村主章枝(25)が11日、都内で行われたP&Gのヘアケアブランド「ヴィダルサスーン」のショーにモデルとして出演した。世界で活躍する村主が、テーマである「コスモポリタンな女性」のイメージと重なったために実現したステージ。

 真っ赤なドレスに、世界的なヘアアーティストのオーランド・ピタ氏がセットした、ふわふわ感のあるウエーブヘアで登場。「氷上の女優」と形容される世界レベルの表現力でステージを歩くと、ウエーブヘアが軽やかにステップを刻んだ。村主は「アートとして見せるために、ヘアの大切さを実感した」と感想。ピタ氏から「華やかさ、ボリューム感、光沢もバッチリ」と褒められると、フィギュアのフィニッシュポーズを披露。「(10年の)バンクーバー(五輪)を目指すにあたって、ヘアにも気を使っていきたい」と話した。

2006年5月11日 (木)

中村優子、全部みどころ…映画「ストロベリー」

20060511_621621 タレントの池脇千鶴(24)、中越典子(26)、中村優子(31)が10日、都内で映画「ストロベリーショートケイクス」(矢崎仁司監督)の完成披露試写会に出席し、舞台あいさつを行った。

 性格も職業も異なる4人の女性が恋愛や仕事、友情を通じ、“自分”を模索する偶像劇。結婚願望の強いOL役で映画初主演した中越は「ちひろのような女々しい子は嫌いだったけど、演じてみて、自分の共通する部分があって驚いた」とコメント。見どころについて、人気デリヘル嬢役の中村は「人が真剣に生きる姿からは普遍的なものが生まれる。これはみなさんの物語でもあるので、すべてが見どころ」と涼しげな浴衣姿で熱く語った。今秋全国で公開予定。

2006年5月 7日 (日)

またまたハマッた!ハマらん!原采配…20勝セ一番乗り

20060507_575081 ◆巨人8-2ヤクルト(6日・東京ドーム) 原監督の情熱に新戦力の2人が応えた。5日に今季初の連敗を喫した指揮官が動いた。シーズン途中に加入した前西武の小関を1番、7番には前日1軍に昇格したばかりのディロンを抜てき。小関は3安打に5回にはスクイズを決める活躍、ディロンも2安打、闘争心あふれる走塁も見せた。2人に刺激されるように6回には9人攻撃で一挙4点。援護をもらった内海が3度目の完投勝利。巨人は20勝リーグ一番乗りを果たした。

 この奇襲、絶対決める。小関が、決意を胸に秘め素早くバットを寝かせた。スクイズだ。低めに落ちていく変化球。両ひざをくの字に曲げながら、投前に転がした。三塁から弾丸のように突っ込む矢野。ヤクルト・松井のグラブトスも追いつかない。矢野の足がホームベースを払った。小関が胸を張ってナインのハイタッチを受けた。

 「なんとなく、ちょっとですけど、(スクイズサインが)あるんじゃないかと思っていた。しっかり踏み込んでできました」小関も笑いが止まらない。5回にもぎ取った貴重な4点目は、巨人では03年6月7日の横浜戦で村田善が決めて以来、約3年ぶりとなるスクイズ成功によるものだった。

 追加点が奪えない嫌な流れを、5回、鮮やかに断ち切った。初スタメンのディロンが外角球に食らいついて右翼線へ二塁打。矢野の打球は遊撃の正面をついた。敵は三塁へ走るディロンの刺殺を試みたが、送球が背番号5の右肩付近に当たり、三塁ファウルグラウンドを転々。その間にディロンが生還して3―1。なおも無死二塁、内海が送りバントを決め1死三塁で小関を迎えたところで、原監督がスクイズという“スパイス”を使った。

 指揮官には自信があった。「小関はその打席まで2本のヒットを打っていたので、比較的ノーマークだった。4点目は非常に重要と思い、点を取るために一番確率のいい方法は何かを考えた」その4点目が入ると、もう止まらない。6回には打者9人の猛攻で4点を加え、今季初めて味わった連敗も2でストップだ。

 ゴールデンウイークに入って黒星が先行。チームは下降気味だった。新風を吹き込もうと首脳陣が取った策が、1番に小関、7番にディロンを起用した新オーダー。これがピタリとはまった。

 小関は西武時代、出塁した先頭打者・松井稼(現メッツ)を送って、主軸につなぐ貴重な2番として活躍。中日・川相のような「バント用代打」としての起用もあった。ひじの使い方が柔らかく、この日は左右に3本のヒットを打ち分けた。タクトが決まった原監督も「落ち着いてプレーする。(スタイルも)幅広いね」と新戦力の職人技に脱帽した。

 ディロンの激走も光った。三塁へ走った5回の場面。守る岩村へタックルするかのように突っ込んだが「ベースに向かってスライディングしただけ」と涼しい顔。指揮官も「暴走気味だったけど、いいスピリットを出してくれた」と闘争心むき出しのプレーを評価した。

 上原、高橋尚、高橋由…たしかに故障者は多い。この日は二岡が右ひざ付近に死球を受け、7日以降の出場が心配される。しかし、戦列に残った男たちの泥臭いプレーと、指揮官のさえるタクトがあれば、これからも敵を圧倒できるはずだ。

2006年5月 5日 (金)

快晴の下、銀輪疾走 1350人エントリー

マウンテンバイク(MTB)の全国大会が4日、滋賀県高島市今津町の箱館山スキー場で始まった。春と秋に行っていた2つの大会を合同開催したため、1350人がエントリーする国内最大規模の大会となった。競技は7日まで繰り広げられる。

 2つの大会は、春に開いていた日本自転車競技連盟公認の「箱館山ジャパンシリーズJ1」と、MTBの普及を目的にした秋の「ジャパンウエスタンライディングレース」。市や地元の観光協会などでつくる箱館山MTB実行委員会が、初心者からトップ級の選手までが参加する大会にして盛り上げようと、合同開催することにした。

 競技は▽クロスカントリー▽ダウンヒル▽4時間耐久のエンデューロ▽60キロのクロスカントリーマラソン-の4種目で、京滋をはじめ全国各地から、7歳から57歳までのMTB愛好家がエントリーしている。

 初日は、エンデューロが行われ、50チームが出場した。5月晴れの下で、選手たちはゲレンデに設けた起伏の激しい1周3・2キロのコースを疾走し、家族や仲間が盛んに声援を送っていた。P2006050400111

2006年5月 4日 (木)

キューティー★マミーは半永久よ!フジ大型イベントに出演

06050408mamspb00044g060503t 松本伊代(40)、早見優(39)、堀ちえみ(39)のママドルユニット、キューティー★マミーが3日、東京・台場で開催中のフジテレビの大型イベント「お台場学園2006~文化祭~」に出演。昨年12月に発売したデビュー曲「ミッキーマウス・マーチ」をパラパラを交えて熱唱し、同世代のファミリーを楽しませた。

この日は、プロモーションビデオとパラパラダンスの教則映像が収録された同曲のDVDの発売日で、3人は「私たちも子供と一緒に踊っています。食後にみんなで踊ってください。家族団らんにぴったりよ」と声をそろえて呼びかけた。

今後の活動について早見が「息の長い活動を続けられれば」と言えば、松本は「みんなから『その年になってまでやるの? ヤバイんじゃない』と言われるまで頑張りたい」と半永久宣言まで飛び出した。第2弾シングルも計画されており、堀は「アルバムが作れるぐらい持ち曲を増やして、3人でツアーができればいいね」と話していた。

2006年5月 2日 (火)

八十八夜に「初摘み」 宇治で新茶の集い

P2006050200074 新茶シーズンの到来を告げる「宇治新茶・八十八夜茶摘みの集い」が2日、宇治市宇治の京都府茶協同組合茶業センターで開かれた。かすりを着て、手ぬぐいを姉さんかぶりにした摘み娘(こ)たちが茶畑で初摘みをし、市民らに新茶がふるまわれた。

 府茶業会議所などの主催。立春から88日目のこの日は、茶の初摘みの目安とされてきた。早朝の雨も上がり、茶摘み娘たちが茶畑に分け入って、青々とした葉を丁寧に手で摘み取った。

 今年は一番茶の萌芽(ほうが)日が4月4日と例年より2日早かったが、その後は気温が低めで推移したため、生育は1週間ほど遅れ気味。茶摘みは5月中旬から本格化する見込みで、収量は例年並みを見込む。

 一般市民も茶摘みを体験したほか、会場では宇治新茶の即売もあった。

2006年5月 1日 (月)

篠山紀信:堀北真希と黒木メイサを激写

17歳同士の人気若手女優、堀北真希黒木メイサが、2ショット写真集(タイトル未定、小学館、6月15日発売予定)に挑んだ。堀北はテレビ、黒木は舞台から頭角を現し、キャラクターも一見正反対。対照的なセブンティーンの魅力を、写真家の篠山紀信氏(65)が撮り下ろした。

 清楚(そ)で純真なイメージの堀北と、ワイルドで力強い黒木。私生活では、堀北は長女、黒木は末っ子。「優等生と不良」(関係者)のような正反対の個性のぶつかり合いに、篠山氏が共鳴し、写真集製作が決まった。

 人気、実力とも同年代の中でトップレベルの女優がそろった撮影では、篠山氏も自らロケ地選びをするなどノリノリ。渋谷や、都内の川辺などでシャッターを切った。

 堀北と黒木は、同じ事務所に所属。デビューの頃に同じ寮で生活するなど気心知れた仲良しで、良きライバルでもある。6月24日公開予定の映画「着信アリ Final」(監督麻生学)ではダブル主演する。

 堀北は「時間が合えば、遊びにいったりお互いのお仕事の話をしますが、(撮影で)こんなに長い間一緒にいたのは初めて。つい笑顔になってしまい、笑ってはいけないところで篠山さんに“笑わない!”と何度も注意されるほどでした」。

 一方の黒木は「私にとっては初めての写真集。撮影前は緊張していましたが、真希と一緒ということもあり楽しくリラックスして臨むことができました。びっくりするくらい私と真希の素の表情が出ていると思いました」と語っている。

 現在、堀北はドラマ「クロサギ」(TBS、金曜後10・00)でヒロインを務め、黒木は舞台「あずみ」が4日に大阪で千秋楽を迎える。20060501org00m200033000p_size6 20060501org00m200038000p_size6

大きくなったルーガちゃんにおきらくごくらく!

フジテレビ系「ウゴウゴルーガ」のルーガちゃんとして人気だった女優の小出由華(21)が、このほど初の写真集「DEPARTURE」(2980円)、DVD「ARRIVAL」(3980円)を発売し29日、東京・福家書店銀座店で記念イベントを行った。

 放送当時は8歳だったルーガちゃんもすっかり大20060430_474291 人になって、水着姿に初挑戦。「ウゴウゴ―」はCSで再放送されており「今見ると、『こいつ面白いな~、怖いもの知らずだな』って感じ」。外見はセクシーになったが「中身はあまり変わってないですよ」と元気にPRしていた。

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31