無料ブログはココログ

« 紗綾:中学生アイドルが主演 「激闘!アイドル予備校」 | トップページ | 鮮やかなクマ »

2006年6月26日 (月)

“華流萌え系双子姉妹”が日本襲来

“華流萌え系双子姉妹”が日本襲来

女子十二楽坊のステージに参加し、日本本格デビューを飾ることになった“華流萌え系”の双子、楊玲(左)&楊晶

 中国出身の双子姉妹、楊玲&楊晶(ヤンリン&ヤンチン)が、人気グループ、女子十二楽坊との競演で日本本格デビューを飾ることになった。30日からスタートする女子-の結成5周年記念日本ツアー(23公演)に出演し、デビュー曲「EARTH NEEDS LOVE」を披露する。女子-の妹的存在だが、愛くるしいフェースと雰囲気は、まさに“華流萌え系”。歌手としてだけでなく、そのビジュアルでも今後話題を集めそうだ。

 韓流ブームに負けじと、中国からは大型華流アーティストが日本デビューを飾る。ルックスは幼顔で10代前半にも見える2人だが、中国伝媒大学に通う女子大生。03年、北京で女子十二-の王暁京プロデューサーにスカウトされ、大塚愛や宇多田ヒカルらのアルバムを聞いて日本語を勉強し、日本での活動に備えてきた。

 デビュー曲「EARTH-」(原題「老鼠愛大米」)は中国本土では知らない人がいないという大ヒット曲。楽曲配信だけで1億ダウンロードを記録した。双子の2人はカバー曲として日本語詞で歌うが、息の合ったコーラスで日本人も魅了するはずだ。デビュー曲は23日から先行配信され、今秋からは音楽活動だけでなくテレビ出演などにも本腰を入れる。

 姉・楊玲は「日本のアニメと漫画が大好き。声優もやってみたい」と抱負。妹の楊晶も「声が同じなので息の合ったコーラスを聴いてほしい。女子十二楽坊のお姉さんたちと同じように私たちのことを好きになってもらいたい」とアピール。

 故郷、中国では08年8月に北京五輪開催も控え、2人は「五輪の開会式のステージで歌えるようにがんばりたい」と声をそろえ、日本を出発点に大きく羽ばたくことを約束した

« 紗綾:中学生アイドルが主演 「激闘!アイドル予備校」 | トップページ | 鮮やかなクマ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紗綾:中学生アイドルが主演 「激闘!アイドル予備校」 | トップページ | 鮮やかなクマ »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31