無料ブログはココログ

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

愛衣のHカップ堪能してネ♪


ファースト写真集でグラマラスなボディを披露している愛衣

 グラビアイドル、愛衣(17)が31日にファースト写真集「海と森と愛衣と」(講談社刊)を発売する。デビューから1年、満を持しての初写真集では、週刊誌の巻頭グラビアなどで話題をさらってきたHカップの爆乳を惜しげもなく披露。「屋久島という大自然の中、自然に感動しながら楽しく撮影できました。デビューからいろんな思いが詰まった1冊です」とアピールした。

愛衣が写真集を発売…こぼれそうなHカップに釘付け!

06073109aimtg00039g060730t こぼれそうなHカップ巨乳がまぶしい愛衣

Hカップのグラビアアイドル、愛衣=あい=(17)が31日に初の写真集「海と森と愛衣と」(講談社、3150円)を発売する。

屋久島や伊豆でロケを敢行。1メートル56、B95W60H86の豊満ボディーを全開、水着などのセクシーショットが満載だ。愛衣は「屋久島という大自然での撮影がメーンだったので、私自身も自然に感動しながら楽しくできました。いろんな思いが詰まった1冊です」とPR。

8月6日午後4時から東京・神田神保町の書泉ブックマートで握手会を行

2006年7月28日 (金)

沢尻エリカ 新境地の歌手デビュー


CDデビューが決まった「Kaoru Amane」こと沢尻エリカのアーティスト写真

 女優・沢尻エリカ(20)が8月30日にシングル「タイヨウのうた」で歌手デビューすることになった。主演するTBS・MBS系の同名タイトルドラマ(金曜後10・00)の劇中歌を、「Kaoru Amane」のアーティスト名で歌う。劇中で演じるストリートミュージシャン、雨音薫としての歌手デビューに、沢尻は「完成した今、ほっとした部分もあるし、すごくうれしい気持ちもあります」と新境地に挑む気持ちを語っている。

 「女優の片手間でなく、シンガーになり切って歌いたい」-歌手としての意気込みから、アーティスト名にあえて“沢尻エリカ”を使わなかった。ドラマの役名そのままとはいえ、女優色を消したのは沢尻の歌への思いの強さを表している。

 ドラマの収録の合間を縫って、初体験のレコーディング。「初めて『タイヨウのうた』を聴いた日から、自分の中ですごく大きなビジョンを持っていた」という沢尻は、時には7-8時間ぶっ通しでマイクに向かったという。28日からはカップリング曲「Stay with me」の着うた先行配信も始まるが、「ほっとした部分もあるし、すごくうれしい気持ちもあります」と新たなステージに立った心境を語っている。

 曲はドラマの第5話(8月11日放送)で初披露する。XP(色素性乾皮症)という難病を抱えながら夢を追う薫が藤代孝治(山田孝之)と出会って知った感謝と恋心をつづった曲。放送終了と同時にこちらも着うた配信を開始する。

 映画版「タイヨウのうた」では、主演した歌手・YUI(23)が「YUI for 雨音薫」として歌った主題歌「Good-bye days」は30万枚を超えるヒットを記録。菅野美穂(28)が蓮井朱夏として、柴咲コウ(24)がRUIとしてヒットを飛ばしたように、沢尻の歌にも大きな注目が集まりそうだ。

2006年7月24日 (月)

ギャル神輿

P2006072300084 わっしょい、わっしょい! 浪速の夏の風物詩、天神祭に彩りを添える恒例の「ギャルみこし」が23日、大阪市北区の大阪天満宮や天神橋筋商店街など約3キロをにぎやかに練り歩き、威勢の良い掛け声がお祭りムードを一気に盛り上げた。  あいにくの曇り空でのスタート。ねじり鉢巻きで白地に赤の晴れやかな法被に身を包んだ高校生やOLら79人の“みこしギャル”は汗だくになって重さ約200キロのみこし2基を担ぎ上げ、商店街は熱気で包まれた。

2006年7月20日 (木)

秦みずほが“ビタミンCたっぷり”の初DVD「檸檬」発売

06071707akeutinozomispb00013g060716t_2 イエローキャブオーディション2005でグランプリに輝いたグラビア界の新星、秦みずほ(16)=写真=が20日、初DVD「檸檬―レモン―」(ラインコミュニケーションズ、2940円)を発売する。

撮影はインドネシア・バリ島で。1メートル60、B82W56H84のフレッシュボディーを、色とりどりのビキニで披露した。秦は「普段、グラビアでは見られないみずほがいっぱいなので、そういう素のところを見てください」とPRしている。

8月20日に東京・新宿SPACE107で上演される「DREAM WEEK」で初舞台を踏み、同27日午後2時から秋葉原の石丸電気ソフト2で初DVD発売記念イベントを行う。

2006年7月19日 (水)

小林万桜、最新DVD2作品を発売!

060719 15歳以下のジュニアアイドルとしては異例なほど数多くの作品をリリースしている小林万桜ちゃん。アイドルユニット『桜(もも)mint's』のメンバーとしても大活躍だ。

 そんな万桜ちゃんがDVD『万桜14歳』と『万桜のちょこっと旅行(都電荒川線)』(ビーエムドットスリー)の発売記念イベントを開催した。2つの作品はロケ地もことなり、それぞれ見所の違う作品となっている。

2006年7月17日 (月)

音大出身アイドル・竹内のぞみが限界ギリギリDVDを発売!

国立音大出身のアイドル、竹内のぞみ(26)が、最新DVD「あなた色」(ラインコミュニケーションズ、2940円)を20日に発売する。

B102W58H84の爆乳ボディーがインドネシア・バリ島で炸裂。Iカップがぷるんぷるんと揺れるスポーツ系から、歯ブラシでつんつんされちゃうイタズラ系、さらにはアイスを濃厚になめながら体中に垂らしちゃったり、挑発的なオイル塗りなど、限界ギリギリのお色気シーンが満載だ。

23日午後2時から東京・秋葉原のアソビットゲームシティで、同6時から同・石丸電気ソフト2で、発売記念トーク&握手会を行う。06071707akeutinozomispb00013g060716t_1

2006年7月10日 (月)

安達祐実「旦那はバイキンマン」

20060710_1100681 

映画「アンパンマン」の完成披露試写会に出席した安達祐実(右)と乙葉

 人気アニメ映画「それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ」「コキンちゃんとあおいなみだ」(15日公開)の完成披露試写会が9日、都内で行われ、声優を務める安達祐実(24)と乙葉(25)が出席した。

 結婚、出産を経験して臨んだ声優の仕事で、安達は「一人で生きても命は満たされないということを分かってほしい」と、説得力ある言葉でPR。「娘にもまだ分からなくても、今から見せておきたい」と、ママの顔をのぞかせた。

 3人の家族をアニメのキャラクターに例えると「だんな(井戸田潤)はバイキンマン。子供はドキンちゃんかな」と、幸せそうな笑顔。乙葉も、夫の藤井隆(34)を例えるなら「ショクパンマン。(声を務めた)コキンちゃんが好きなんで、譲れないし、夢中です」と、のろけた。

2006年7月 9日 (日)

S気分で白水着!?菊池亜沙美が初DVD発売記念イベント

06070913kikutispb00052g060708t 

左から塚佐りこ、菊池亜沙美

新人グラビアアイドルの菊池亜沙美(20)が8日、東京・秋葉原の石丸電気ソフト2でファーストDVD「Crescendo」(2940円、ラインコミュニケーションズ)の記念イベントを、同じ所属事務所の塚佐りこ(16)と開催した。身長1メートル58、B81W61H86のセクシーボディーを白い水着で披露し、「監督にS(サド)っぽく演じてといわれたシーンが印象的です」。


2006年7月 7日 (金)

ヤ、ヤバッ!切りすぎた!上戸彩が前髪15センチをバッサリ

06070703ueto_before_spb00166g060705t 06070703ueto_after_spb00167g060705t 

女優で歌手、上戸彩(20)がこのほど、13日スタートのテレビ朝日系主演ドラマ「下北サンデーズ」(木曜後9・0)で、自ら前髪をバッサリと切るシーンに挑戦した。

ドラマは石田衣良氏の同名小説(幻冬舎)が原作。主人公が劇団と出会い、東京・下北沢での極貧生活に飛び込む青春群像劇で、上戸が「劇団員らしくなろう」と決意して、古着屋で自らの髪を切る-という設定だ。

ロケ場所は、東京・下北沢の古着屋CHICAGO。「よく自分で髪を切っていた」という上戸は、家庭用はさみで前髪約15センチをバッサリ=写真上。「予定以上に切りすぎちゃってヤバイって思いました」と苦笑いするほどの思い切りの良さだった

新しい髪形は演出家、堤幸彦氏とヘアカタログを見ながら決めた“下北仕様”のショートカット。上戸は「気分が変わるので、ヘアチェンジは大好きです。でもこんな“変形型”に挑戦するのは初めて。役柄以外のときは外を歩くのが恥ずかしい」と照れ笑いを浮かべていた。断髪シーンは20日放送。

2006年7月 6日 (木)

比嘉愛未:沖縄出身美形モデル、朝ドラ76作目ヒロインに

22x 31 07年4月放送開始のNHK連続テレビ小説「どんど晴れ」のヒロインに、2156人の中からオーディションで選ばれた比嘉愛未さん(20)が決定、5日の発表会見でお披露目された。沖縄県出身でモデルなどとして活躍している比嘉さんは「ここに座るまで信じられませんでした。見てくれる人がさわやかな気持ちになるようなドラマにしたいです」と意気込みを語った。

 76作目となるドラマは、都会育ちのヒロイン・浅倉夏美が、ひょんなことから岩手県の名門旅館でおかみとして働くことになり、岩手の伝統と雄大な自然を舞台に成長していく姿を描く。脚本は、TBS系のテレビドラマ「若葉のころ」や「おいしいプロポーズ」の小松江里子さんが担当。タイトルは、岩手の民話の最後に使われる「どんどはれ」(めでたしめでたしという意味)から取った。10月中旬に岩手県ロケでクランクインし、07年4月3日から9月29日まで全156話を放送予定。

 内藤慎介チーフプロデューサーは「面接の中で与える課題に素直に反応して吸収してくれたことと、朝には欠かせない笑顔。自由奔放で、朝にすごく気持ちよく見られると思った」と比嘉さんに決めたという。夏美という役について比嘉さんは「元気で明るい女性と聞いているので、私に似ていると思います。旅館にはあまり泊まったことがないですが、旅館のおかみははりんと強いイメージ」と話した。また、「朝の連続テレビ小説は見ている?」という質問に「見てなかったんですが、ヒロインが決まって3日前から見るようにしました。すいません」と答え、奔放ぶりを発揮していた。

2006年7月 5日 (水)

06070501yunnsonaspb00118g060704t 韓国の青年実業家との電撃婚約を発表したユンソナ。これまで浮いた噂ひとつなかっただけに、日韓メディアが驚きを持って一斉に報じた=新曲「はらり、ひらり」のアーティスト写真より

韓国出身のタレント、ユンソナ(30)が韓国人実業家(36)と婚約したことを4日、発表した。お相手の男性は映画関連の美術制作会社や飲食店を経営するソウル在住の青年実業家で、今年3月に知人を通じて知り合った。9月16日にソウル市内のホテルで挙式することも決まり、出会って半年のスピード婚となる。結婚後はソウルと東京を行き来しながら、日本での芸能活動を続ける。

清楚感漂うロングヘアに、潤んだ瞳、流暢ながら舌っ足らずな日本語で、日本の男性をメロメロにさせてきたユンソナが、密かに愛を育み、結ばれることになった。お相手の男性は6歳年上の実業家、シン・ジェヒョンさん。日本の所属事務所、ホリプロによると、真面目で穏やかな人柄で家庭的な人という。

ユンソナの婚約発表を受けて、朝鮮日報電子版など韓国メディアは4日、芸能ニュースのトップ扱いで一斉に報じた。それらによると出会いは今年3月。共通の知人を通じて、すぐに意気投合し交際がスタート。両家の親同士があいさつする「相見礼」(日本でいう結納)もすでに済ませ、交際期間たったの4カ月でスピード婚約した。

結婚式は、9月16日に格式高いソウル市の新羅(シンラ)ホテル迎賓館で行われ、日韓両国から親交のある俳優やタレントが集まる華やかな披露宴となりそうだ。今月7日午後1時から同ホテルでユンソナが婚約会見を行い、本人の口から詳しい出会いや婚約者の人柄などが語られる。

すでに、親しいスタッフには「好きな人と一生一緒に過ごすことになり、とても嬉しい」と喜びを爆発させているという。昨年のクリスマスイブに韓国語会話本の発売会見を行った際には「彼氏のいない友達同士で焼肉パーティーします。来年は参加しないように頑張ります」と宣言していただけに、その言葉通りになった格好だ。

ユンソナは、韓国で芸能界入りした後、ペ・ヨンジュンやイ・ビョンホンらトップ俳優とドラマ共演するなど一線で活躍していたが、その地位をかなぐり捨てて6年前に来日。日本語を完全マスターしてドラマやバラエティー番組に引っ張りだことなり、韓流ブームに先駆け日本でブレーク。sonaのアーティスト名で歌手としても活躍している。

韓国では6年ぶりのドラマ復帰もささやかれていた矢先の婚約だが、ホリプロでは「結婚後も日本の4本のレギュラー番組はそのまま続ける」と話しており、日韓を行き来しながら新婚生活を送ることになる。

■ユンソナ(尹孫河)

本名同じ。1975年11月17日、韓国・全州(チョンジュ)生まれ。百済(ペクチェ)芸術大演劇映画学科卒。94年に韓国の放送局、KBSのオーディションに合格し、ドラマやミュージカルで活躍。2001年にNHKドラマ「もう一度キス」のヒロインで日本デビュー。ドラマ「ファイティングガール」やバラエティー「ぐるぐるナインティナイン」などで活躍。04年に「会いたい」で歌手デビュー。8月9日にアニメ映画「遥かなる時空の中で 舞一夜」(シネカノン系で同19日公開)のテーマソング「はらり、ひらり」を発売する。

2006年7月 3日 (月)

七夕

たなばたDsc01360

「疾風のお娟」由美かおるが始球式

Kfullnormal20060703034_s  24日にスタートするTBS「水戸黄門第36部」(月曜後8・00)に出演する女優・由美かおる(55)が2日の横浜―ヤクルト戦で始球式を務めた。「疾風(はやて)のお娟(えん)」役の衣装を着てリリーフカーに乗り登場すると、スタンドは大歓声。ワンバウンド投球に終わったが、初めての始球式に「感動しました。野球は大好きでいつもテレビで見ているので幸せでした」と笑顔で話した。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31